サイトを運営するに当たり、集客して人を集めるには正しいSEO対策を行うのが最も正しい成功法です。前提として当然の事ながらサイトのコンテンツをしっかりと整えるというコンテンツ戦略はありますが、その上で、有効なSEO対策がいくつかあるので見ていきます。

クローラビリティは、検索エンジンが世界中にあるサイトを機械のボットでクロールする際に、クロールしやすくする施策です。一つのサイトにはいくつかのページがあるので、メニューからしっかり導線を繋ぎ、できるだけサイトマップは設置すると、クローラビリティの優れたサイトになります。

インデキサビリティはインデックス、索引からのクロールをしやすくする施策です。これも検索エンジンのボットを意識したもので、サイト内のページをメニューからしっかり繋ぎ、どこからもリンクされていないページを作らない様にします。

アクセシビリティはサイトの中心となる情報に、いかに早くアクセス出来るかを意識した施策です。メインが間違いなくあるのに、その情報に辿り着くまで何回もクリックしなくてはならないサイトは、アクセシビリティの悪いサイトと言えるのです。

ランカビリティは検索エンジンに表示される順位を意識したもので、サイト内のページでどのページが上位に表示されているか、重要でないページが上位に表示されていたらそれを調整するやり方です。

クリッカビリティは閲覧ユーザーのサイト内での動きやすさを意識したもので、分かりやすいところではパンくずリストを付けてユーザーがページとページの動きを迷わせなくするような方法です。

こういったSEO対策を入れて行く事により、検索エンジンからの評価が上がり、ひいてはユーザーの閲覧のしやすさに繋がります。効果の程はSEOツール活用で判明するので、有名なところではサーチコンソールというツールで確認ができます。よろしくないリンク状態などは、サーチコンソールが定期的にチェックして助言をくれるのです。