“ウェブサイト運営を行いたいなら、間違いのないウェブデザインを理解しておきましょう。ウェブサイトと作った後に放置している企業が多く見受けられます。放置自体は大した問題ではなく、正しいウェブデザインを行っているならマイナスに作用することはありません。大企業のスローガンなどのページは、長期にわたって更新されないのが一般的です。しかしボリュームが適度にあるうえに、重要なワードが散りばめられているので、検索サイトでは上位に表示されるようになっています。つまりSEOを気にして作り込まれているので、長期の放置に耐えうる構造になっているのです。

また、やたらと画像が多いウェブサイトは良くないので注意しましょう。直感的に分かりやすいという点がメリットですが、その代償として大きなデメリットを持つことになります。それは検索エンジンの自動査定において、中身が乏しいという判定をされてしまうのです。画像に対して文章が少なすぎると、検索エンジンでひっかからなくなります。その結果、アクセス数がほとんど延びていかないので、魅力的な画像があっても宝の持ち腐れになってしまいます。そのため、中身のある文章を適度に掲載しいていくことも大事です。

上記のケースでは、容量が大きくなりすぎることも問題といえます。画像が多いと、その分だけたくさん読み込まなければなりません。高速通信をしている状況なら問題になりにくいですが、そうでない外出先などでは表示までに時間がかかってしまいます。見たいという意志が強くない限り、すべてが表示される前に消されてしまう可能性も高いです。そういう意味でも基本的にはシンプルにしておくのが望ましいでしょう。

スマートフォンに対応したウェブデザインを行うことも欠かせません。以前はパソコンで閲覧することを前提として、ウェブサイト制作の際は主要なブラウザで確認するぐらいでした。しかし現代においては、閲覧者の半分以上はスマートフォンを使用しているといっても過言ではありません。そのため、スマートフォンの閲覧に合わせて最適化しておくことも重要です。もちろんパソコン用に作っても、スマートフォンのブラウザが閲覧可能な状態に変換してくれます。しかし必ずしも最適な状態になるとは限らず、細かい文字や一部のリンクなどが見えない状態になりやすいです。そのような事態を避けたいなら、両者にそれぞれ最適化したウェブサイトを用意しておく必要があります。”