ウェブサイト運営に重要なことは、Wordpressとサイトに利用しているテーマとプラグインの更新を常に確認し、必要であればアップデートを行うことです。Wordpressとテーマ、プラグインのバージョンが古いものだと、セキュリティ上の欠陥が発生したまま放置され、その結果サイトのデータが破壊されたり個人情報が流出してしまうことがあるのです。このようなことを避けるためには、何よりも最新版のWordpressを実装しておく必要があります。それから、サイトを適切に管理もしくは運用するために、不要なプラグインを予めアンインストールしておくことが重要です。使用していないプラグインや利用者が限られている物は、適切なアップデートが行われないまま放置されていることが多く、脆弱性を放置してしまうことになるのです。他にも導入しても他で代用できるプラグインなどは、なるべく実装しないほうが良いでしょう。Wordpressのバージョン確認方法は簡単で、ダッシュボードから現在の状況を確認可能です。新しいものに更新可能な状況であれば、更新ボタンが押下可能になっています。

WordPress本体のバージョンが更新可能になったら、自動的にメールを送信してアップデートを促すプラグインもあります。これらを有効に利用して、常に最新のバージョンにしておきましょう。Wordpressを運用する際に注意しなければならないことはセキュリティ対策だけでなく、運用するサーバーをアクセス数に応じて切り替えていくことです。Wordpressはウェブサーバーの他にデータベースサーバーのミドルウェアが動作しています。そのため、読者のアクセスが増えていくたびにサーバーに二重の負担がかかってしまうのです。結果的にアクセスが一定数を超過してしまうと、サーバーが処理をしきれずに表示できなくなってしまうことがあります。サーバーの処理性能を向上させて、処理を分散する装置を設置することが重要です。他にも、設置するサーバーは共用のものではなく単独で利用できるものが良いです。共用のサーバーの場合他の利用者の負担が増えてしまえば、ダウンしてしまう可能性も高くなります。Wordpressではこのアクセス数増加によるサーバーダウンの他に、不正アクセスによるデータの消失などの被害が多く報告されているので、ウェブサイト運営を行う際にはこれらを必ず確認しておくことが重要です。