ウェブサイト管理のカギ:セキュリティ日報の導入

“ウエブサイトが完成したら、その後は情報の更新や管理など、運営を行うことになります。特にネットショッピングのサイトや自社の商品を販売するようなサイトでは、顧客とのやり取りが頻繁にあるので、ウェブサイト運営を行う人材が必要になります。サイトを運営するにはコンテンツを追加したり、訪問客や売れ筋商品などの分析などをしながら、もっと顧客を増やして商品が売れるようなサイトになるように戦略を練ることも大切です。

また、ウェブサイト運営する上で重要なことに、セキュリティ対策があります。せっかく完成して訪問客が増えだしているサイトが、不正アクセスによって需要な情報や顧客の個人情報が流出してしまったら、それでもう信用を無くして、再度サイトを立ち上げたとしても訪問客が来なくなる可能性が高いのです。特にクレジットカードで決済ができるようなサイトなら、カード番号が知られてしまうと不正に使われる恐れもあり大問題になります。不正アクセスは有名な企業に限られたことではなく、あまり知られていない中小企業でも起こる可能性があるので、どのようなサイトでもセキュリティ対策は情報更新や戦略を練ることよりも重要で、セキュリティ対策がウェブサイトのカギともいえるのです。

セキュリティが必要なのは、ウェブサイトを構成するアプリケーションだけではなく、サーバーやネットワークにも必要になります。パスワードは複雑なものに資、不要なアカウントは削除したり、境界ルーターなどを使って外部からの侵入を防ぐなどの対策が必要です。

会社では日報業務がありますが、日報のクラウドシステムを導入すると、テンプレートに添って日報をつけていくだけなので、業務がとても簡単になるうえ、日報をつけるために会社に行く必要もなく、自分のスマホやパソコンからでもできるので、皆で共有するためのシステムとなります。

このようなシステムのため、日報が外部に漏れないためのセキュリティ対策が重要になるのですが、堅牢なFacebookを使い、ユーザーアカウントも厳重に管理され、強固なユーザー対応アクセス制限などがされているので、セキュリティ対策も万全でないといけないのです。

このように日報を共有するためのサイトやアプリがあるので、それを導入することで、日々の業務の簡素化が図れ、利用する社員なら皆で見ることができます。これらのシステムやアプリを導入をする際、機能的に使いやすいということは重要ですが、セキュリティ対策がより万全な方を選ぶことが大切です。”